スーちゃんを思う

11/6/16

キャンディーズというと,今は南海キャンディーズなのかもしれない。
私の時代は,キャンディーズである。

そのメンバーであったスーちゃんこと田中好子さんの突然の訃報に驚いた。
キャンディーズは,私とほとんど同世代である。
彼女たちがトップアイドルの時は,特にファンと言うほどではなかった。
ただ,同じ時代を共有していたという思いを持ち続けていた。

私の年になると,これまでに同年代の知人友人の訃報に幾度も遭遇している。
彼女の死は,一面識もなかったのにかかわらず,リアリティを強く感じる。
それは彼女という存在が映像を通して日常生活の中にとけ込んでいたのかもしれない。

そんな彼女がガンを患い長い闘病生活を送っていたこと,
病をおして仕事を精力的にこなしていたこと,
故夏目雅子さんの意志を継いで骨髄バンク等のガン撲滅運動をしていたこと,
不覚にも初めて知った。

私は,彼女の心の強さに驚嘆し,涙する。
私は,病と死を受け入れて,それでも自分を失うことのなかった強さに驚嘆し,涙する。

昏睡状態に入る前に録音されたというテープが告別式に流された。
芸能人らしい演出という皮肉めいた見方は不謹慎と言うよりも不遜であろう。
最後の言葉であることを自覚して,東日本大震災の被災者とガン患者に向けられた心遣い,
そして死してもガン撲滅運動に関わりたいというメッセージは,箴言である。

人は,他者を思いやる心を持つことができるからこそ人間なのだ。
彼女の思いはしっかりと届いている。          
                                                  岡田まさき

投稿者 musashino-law | 2011年6月16日 00:00

プロフィール

むさしの森法律事務所ブログ

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区
仲町1丁目104
大宮仲町AKビル9階

カテゴリアーカイブ
最近の記事

RSS

本サイトキャプチャー

本サイトはこちら